俺が正論だ

ADHDのすこやかライフ

生きることは背負うことでしょ?

 

今日も今日とて失敗しました。

自身の不出来さと、人様に迷惑をかけてしまったことが悔しかったです。

 

「まあ、あなただからねぇ」

よく言われる言葉です。ただただやばい。

 

 まあ、一般の人とすこしズレているんですよね。所謂"普通"と違うっていうのは昔から自覚していて、それをマシにする改善策など考えて実行に移したりしてみるものの、なかなか目に見えて良くなるってことが今のところほぼ無いです。お恥ずかしい。

 一般的ではない、かといって障害者というわけでもない、"少し生き辛い"程度のものなんですよね。

他人から見ればしっかりしていない上に怠惰的な印象がついてしまう。違うんです。一生懸命生きてるんです。それなりに。

人の三倍頑張らなくてはいけない。がんばろ〜ね。

 

そんなこんなで今日は精神がザワついてどうしようもなかったので紀伊国屋で本を買って喫茶店で雑多音を聞きながら読書しました。

 

あらすじ

思い通りにならない毎日、言葉にできない本音。
それでも、一緒に歩んでいく――だって、家族だから。

ふがいない僕は空を見た』の実力派が、ごく普通の家庭の生々しい現実を強烈にえ
ぐり出した、珠玉の連作集。


セレブママとしてブログを更新しながら周囲の評価に怯える主婦。
仕事が忙しく子育てに参加できず、妻や義理の両親からうとまれる夫。
自分の娘の発達障害を疑い、自己嫌悪に陥る主婦。
出産を経て変貌した妻に違和感を覚え、若い女に傾いてしまう男。
父の再婚により突然やってきた義母に戸惑う、高一女子。

同じ幼稚園に子どもを通わせる家々の、
もがきながらも前を向いて生きる姿を描いた、魂ゆさぶる5つの物語。

すれ違いながら傷を付けあいながら、それでも幼稚に、不器用に生きているような人達のお話でした。ほどよい切なさがいいスパイスです。初夏の風を浴びている時のあの感覚に近いです。

伝われ~なんとしてでも伝われ~。

 

甘い罠―8つの短篇小説集 (文春文庫)

甘い罠―8つの短篇小説集 (文春文庫)

 

 

・甘い罠

現代を代表する女性作家が短篇小説を競作。恋愛小説から時代小説まで、8人8様のアプローチで女性の業があぶり出される贅沢なアンソロジー。

こちらは好きな方がお勧めされていたので購入しました。

もともと江國香織が好きなので期待値が高いですね。他の作家さんの本も是非読んでみたく思います。

 

そうそう、江國さんの書かれた小説の中で一等好きなお話は"いつか記憶からこぼれおちるとしても"の中の緑の猫というお話です。

 

いつか記憶からこぼれおちるとしても (朝日文庫)

いつか記憶からこぼれおちるとしても (朝日文庫)

 

 

吉田くんとのデートで買ったチョコレートバーの味、熱帯雨林にすむ緑の猫への憧れ、年上の女の細くて冷たい指の感触...。17歳の気持ちを、あなたはまだおぼえていますか?10人の女子高校生がおりなす、残酷でせつない、とても可憐な6つの物語。

話の主軸は女子高生達で、大人になっていくにつれて段々と色あせていく、いつか記憶からこぼれおちてしまうような取り留めのないお話です。

 

つかれました。寝ます。

 

 

絶対に社会適合物質になろうな

 

 死を一番身近に感じる季節こと、夏ですね。

 

 今年も半分おわりました。

丁度折り返し地点ですが、みなさん上半期はどうでしたか。私はなにもかもか"""""終わってる"""""ので特に言うことは無しです。

 下半期も全力でメンヘラを醸し出していこうな。


さて、7月にはスプラトゥーン2がでますね。即秒で予約しました。

 肝心のswitch買ってません。買えてません。
なんでいつも予約販売の時ニンテンドーストアは開始即秒で鯖落ちするの?

任天堂がクソなの?

それとも運命弱者の俺がクソなの?

 

—————— われわれは真相を確かめるべく、秘境の地・アマゾンへと向かった。

 

 

 

はい、完全に運命弱者の俺が悪いですね。

てか定価の1.4倍もする…たけーよ、つらい。金こそパワーかよ。禿同。はい、ぐうの音もでませ~ん。

ていうことでお金余ってる人いたらください。口座教えるので。情報化社会で生きよう。

 

 ー

 

それはさておき、今日です。

伯母とアニメトークライブ行きました。

BONKLIVE 2017 in 阿佐ヶ谷

 

f:id:yukatiao:20170617172815j:image

 

商店街の地下にあるライブハウスでした。ライブハウスは片手で数える程度しか行ったこと無いですが雰囲気良かったです。100点満点。

 

岸さん、上江洲さん、10周年おめでとうこざいます。それから、楽しいひと時をありがとうございました。

今回は伯母についていったので関係者として参加させていただきました。

関係者様方にあいさつをさせていただく際にコミュ障が爆発してしまい、"アッ"と"ウッ"しか言えず伯母に「もういいよ…」と言われたのが本日のハイライト。

この間飲みの席で言われた「頑張って生きてるんだね…」の一言が頭の中でリフレインしました。精一杯今を生き急いでる。

 

それでまあ、"関係者"ということなんですが、実際のところ関係なんか何もないので、ただただ誰だこいつ感がすごかったと思いますが、すみません、それ私です。

 

トークライブの内容は主に結城友奈の裏話や設定、乱歩奇憚の舞台の話、このすばのスピンオフ、今秋放送予定のキノの旅等々のお話でした。原画や作画メモなども持ってきて下さりました。マニアはよだれタラッタラでしょうね。

終盤に差し掛かり、緒方恵美さんがスペシャルゲストとして登場しましたがめっちゃかっこよかったですね。あと、物をつくる方々は話が上手です。はずみにはずんで盛り上がりを見せて最高潮のボルテージのまま終わりを迎えました。

 

合間に休憩があったので、今回のボンクライブのみでふるまわれるボン(クラ)カレーという名のものをいただきました。30食限定だそう。

2,3日煮込んだカレーらしく、お肉が口の中でホロホロっと崩れてお野菜も柔らかくて、現代人特有の顎の小ささと顎関節症を持ち合わせている私でも食べやすかったです。

f:id:yukatiao:20170617221048j:image

 超黄金比イデアに近いよ、いいよいいよ~。

 

終わった後打ち上げがありましたがさすがに私は不参加、伯母は参加なのでそれぞれ別れて帰宅。

帰宅途中、人間と関わりすぎた後に来る副作用的なよくわかんない爆鬱に襲われて死にました。

がんばって適応したいです。

 

そろそろ人として扱ってほしい

ブログ久しぶりに書きます。暇すぎて爪の間のゴミ見るくらいならわたしのブログを見てくれ。頼む。

結構真面目に一昨日からちまちま書いてたんですけど、画像添付するとなぜか全文消えたんですけどかなりムカつきません?人格破綻者になったろか?

 

なんでまたブログ書くかっていうと、この間バイト先での飲み会で、ブログとかツイッターするやつの気がしれない〜という話になったので、気がしれる側の人間の私は久しぶりに自己発信したくなりました。

書く気がしれない側の方々には分からないとは思うんですが、我々根暗インキャオタクってのは、自分の中の溜まりに溜まったエネルギーの出処がどこにもなくて致し方なくインターネットの海に放出するしかない。それ以上それ以下でもない。ただただそれだけ。

まあ多少承認欲求とか自己顕示欲が絡んでくるとは思うんですけどね。ちなみにわたしはどちらも肥大しまくりでーす。

 ツイッターをしてるにも関わらず全然呟かないデザイン課の先輩がいたので、なんで呟かないんですか?先輩のツイート、めちゃくちゃ待ってるんですけど。と聞いたら

呟く前に口に出して自己完結しちゃうからかな。あと、気持ち悪い…。とのことで、とても真似できない思いました。あと気持ち悪いは余計だろ。

なんかもうツイッターでめちゃくちゃ私利私欲私念書いちゃう。…あっ、これが人間とメンヘラの違いってやつかな。殺してくれ〜!

 

f:id:yukatiao:20170615005017j:image

 

前起きが長い。

 

肉をたべてきました。

新宿区にある神戸屋っていうところなんですが、神戸屋っていうだけあって神戸牛がうまい。控えめに言っても5億点さしあげたい。最高オブ最高。

サシが綺麗ですね。

希少部位盛り合わせ三千円以下で食べれるしチョーお得ですよ。

 

今週の土曜日、アニメトークイベントがあるので行きます。

あと7月にも違うお肉屋さん行くと思うのでまたブログ書きます。